歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大人の修学旅行・東京編、後編



7月19日、二日目の午後はCOREDO室町で開催中の「アートアクアリウム 2015」へ。これ、今夏広島でも開催するのですが、まぁまさかの1時間待ち。暑いし行列が長すぎるしで、わたくし、立ったままうとうとしてて倒れそうになりました(笑)。
会場、きれいだったし面白かったけど。子どもの頃金魚と暮らしていた私は、あのライトや水槽をつつく人々が金魚さんたちのストレスにならないか…と心配の方が強かったなぁ。
そしてどうやら、サイズの大きいのやコブコブしている金魚はかわいいと思えないこともわかったし。
前日の舞台が70年代ディスコって感じで、この会場のライティングもそれを思い出させるものだったので、まぁ言うなれば金魚のディスコでしたね(笑)。

夜はゆうちんさん・やっしーと4人で新丸ビルの山形BAR・Daedokoへ。山形県の食材を使っているこのお店、確か一昨年に初めて行ったのですが、美味しさが忘れられず、今回再訪しました。
やっぱり美味しかった~!
個人的には久しぶりに鮎が頂けて、大変嬉しかったです。

そしてこの日のホテルは憧れの東京ステーションホテル。便利で素敵で居心地良くて、うっとりでした。
…と言うか、うっとりしている間に熟睡でした(笑)。


7月20日、三日目は当初は江戸東京博物館に行くつもりでいたのですが、ここまで予定ぎゅうぎゅうで来たので少しゆっくりしようと、ホテルを堪能しました。朝食をたっぷりゆっくり頂いた後、少し館内探検も。廊下に掛かっている東京駅にまつわる絵の数々も楽しい。
チェックアウト後はリニューアルオープンした銀座の伊東屋→キルフェボン→おいしい山形プラザ、とぶらぶらして、16時半発の新幹線で広島へ。
行きでは見えなかった富士山が、ちょっとだけ見送ってくれました。

今回の旅で感じたことなのだけど。
岩佐寿しやDaedoko、キルフェボン、そしてステーションホテルのスタッフの方々など。
東京には自分の仕事が大好きで、誇りを持っている人たちがたくさんいて、その前向きさが今回はとても印象的だったなぁ。
振り返ってみて、自分はどうだろう?あんな風に人を気持ち良くさせてあげられているかな?とも思ったり。

旅は娯楽ではあるけど、新しい気づきがいつもあることを思えば、いつも研修旅行みたいなものだな。
そんな気持ちで連休明けを迎えましたが、休み明けの昨日はいきなり泣きそうなくらい忙しかったので、新たな気持ちもやや遠ざかり気味なのでした(笑)。

旅の道連れのかねもちゃん、たくさんお世話して下さったゆうちんさん、ホントにホントにありがとう!

スポンサーサイト

PageTop

大人の遠足・夏の京都編



7/4土曜日、日帰りで京都へ行って来ました。
目的は京都市立美術館で開催中のルーブル美術館展。混むかもしれないと、開館すぐの時間に着くように出かけましたが(7時の新幹線でした…)、結構多かった~。でも東京に比べたら全然マシだよね。

ルーブル展の目玉はフェルメールの「天文学者」。今回初来日なんだそうです。
「天文学者」も、これまでいくつか見た彼の作品と同じように、意外と小さいなぁ…という感じ。でもびっくりするくらい緻密で、不思議な静けさのある絵でした。ずっと見ていたくなるような、引き込まれる力があって。
他にも「こりゃいい!」という絵が何点かあったけれど、残念ながら絵葉書を始めとしたグッズにはほとんどなっていなくて、振り返るよすががなくて、残念です。
ですが、図録やグッズになると絵の質感が失われてしまって、魅力が伝わらなくなることも多いので、それはそれで良いのかもしれません(サイズが大きい作品は特に)。

その後、「奧丹」で湯豆腐ランチを頂いて、徒歩で南禅寺へ。数年ぶりに行きました。
ここも人は多かったんだけど、境内が広々しているので、あまり気にならなかったな。雨模様で緑が濃くて、水音が響いていて、なんとも気持ちの良いところでした。

四条河原町近辺でお買い物と休憩の後は、先斗町の「なごみ屋 連」で早めの晩ごはんを。湯葉のお造りも生麩の田楽も鱧も蛸のバジル天ぷらも湯葉巻きも京茄子の味噌チーズ焼きも、全部美味しかった!
しあわせな気持ちとお腹を抱えて、帰りの新幹線ではぐっすりでした(笑)。

ご一緒してくれたKちゃん、いつもいつもありがとう!
引き続き、よろしくお願いします(笑)。
PageTop

酒めぐりフェスタ in 東広島



今日は午後から西条へ。呉・東広島・竹原で同時開催中の「ひろしま3都、道めぐり」のイベント、「道めぐりフェスタ in 東広島」の酒蔵ライブ&トークへ行って来ました。いちばんの目的はSEiRENのライブでしたが、沖田孝司さんご夫妻のヴィオラ&ピアノも、最後の杜氏さん(なんと36歳!)トークショーも、とても楽しかったです。
これに賀茂鶴のお酒orソフトドリンク・軽食・ほろ酔い散歩セット(無料試飲チケットなど)がついて1500円!なんとお得なイベント!もっと満員になっていいぞ!(笑)

SEiRENは昨年末に初めて聴いてから、個人的に今大注目しているアイリッシュバンドです。いいのよ~。7月のライブも行く。

酒蔵の落ち着いた雰囲気に良く似合う音楽を満喫できて、美味しいお酒と料理も頂けて(蛸のぬたが日本酒にぴったりでした)、楽しい午後でした。
PageTop

美女と野獣



昨夜は劇団四季の「美女と野獣」の広島公演へ。四季のミュージカルでは、「クレイジー・フォー・ユー」と「ウィキッド」に並び、好きな作品です(「ライオンキング」も観てはいるけど、その時はキャスト的に不満があったので、除外)。

個人的には、今回脇役さんたちがどなたもとても良かった~。特にポット夫人が素晴らしかったです!主題歌を歌うシーン、感動しました。
野獣も「こいつかなりのヘタレだな…」と思うと、だんだんかわいく見えてくるという(笑)。

終了後はKちゃん夫婦&お友達と合流して、本川町のビストロハシモトへ連れて行って頂きました。
…うまかった!
ハマグリとアサリのバジルソース、最高。お酒が飲めなくて残念でした(笑)。
PageTop

瀬戸内おさんぽクルーズ・お花見編





三原・佐木島の塔の峰千本桜と、伯方島の開山公園千本桜を巡るクルーズに行って来ました。
朝方まで雨だったせいか、行きはちょっと揺れたかなー?でも次第にお天気も回復したし、桜も素晴らしかったし、よい船旅でした。

佐木島は丘の上に、伯方島は山の上に。その差が人々と桜との関わりを表しているようにも感じました。
佐木島は地元の方がとても温かかったし、伯方島は規模が大きくて迫力があって、見応えたっぷり。
特に伯方島の開山公園は、下からガスがどんどん流れて来て、霧の海と桜の海の中、とても幻想的な風景でした。
私の知らないきれいな場所は、まだまだたくさんあるんだなぁ。

今年は音戸へ行きたかったんだけど叶わず残念に思っていましたが、今日音戸の瀬戸も通れたし。
昨日は陸自の駐屯地へ行って、今日は呉の海自の艦も間近に見たし。
なんだかそれなりに繋がったようです(笑)。






PageTop

お花見おでかけ



4月の土曜日は毎週練習があります。そしてその前にお花見、というのがここ数年のパターン。今年は自衛隊海田市駐屯地の桜並木の一般公開へ行って来ました。

子どもの頃、春休みに熊野の祖父母の家に遊びに行く時よくここを通っていて、桜がきれいだったことは覚えていたのだけど、入ったのは初めて。
幸いにも雨は降らなかったので、たくさんの方が思い思いにくつろいでいて、それを眺めるのも楽しかったです。

今年は開花から満開があっという間で、葉桜になりかけのものも多かったけれど、でも充分きれいで楽しめました。
ソメイヨシノの他にも八重桜やいろんな色の木が植わっていて、もう少し後でも変化があって良いだろうなぁ。
PageTop

梅見



午後、西風梅園まで梅見に行ってきました。

水戸の偕楽園ほど壮大ではありませんが(あそこは広すぎて疲れる)、見て回るにはちょうど良い広さ。
一重、八重、ピンク、白、紅、枝垂れ、老木…などなど、梅にもたくさんの種類があるのですね。

さすがに沼田、まだまだ満開ではなかったけど、私は梅は蕾がいちばん好きなので、かわいい姿をたくさん見ることができて楽しかったです。
見頃は来週末くらいかもしれませんね~。

そしてすぐ近くの尾道浪漫珈琲で、ゆったりカフェオレとカスタードワッフル。
これまた美味しくてしあわせ時間でした。
PageTop

ロンドン版「ショーシャンクの空に」



今日は久々に、ミュージカルでない舞台を。
ロンドン版「ショーシャンクの空に」、濃ゆいメンズがいっぱいでした~。まぁ、刑務所ですからね(笑)。

実は私、映画を観たことがなくて。おまけに原作も未読なので、人生初のショーシャンクだった訳ですが。
文章や映像で補えないぶん、舞台って最も大変なのじゃないかと思うけど、でも約2時間半、観客を飽きさせることのない作品だったと思います。舞台装置も面白かったし。

しかし贔屓目を抜きにしても、最後の國村さんは良かった!
あの場面で、実際にそこにないものを私たちに見せることができる。
力のある俳優さんてすごい、と思いました。

次は映画を観ようと思います(笑)。
PageTop

帝釈峡まで。







今日は、小学校の頃に訪れて以来の帝釈峡へ。
盛りはもう過ぎていましたが、鮮やかな赤が印象的でした。

しかし神龍湖側の駐車場に車を停めてしまったので、雄橋までの道のりがまぁ軽く山登りでした。ぜいぜい言っちゃったよ。
しかも上帝釈から神龍湖まで戻るのに当てにしていたシャトルバスが、なんと今年の運行が先週末で終わりという・・・。もはや同じ道のりは戻れない(正しくは「戻りたくない」)ので、大人3人はタクシーに乗りましたとも!(笑)

秋のお山は大好きなので、葉っぱをかさかさ踏みながら、森の香りを吸い込みながら歩くのは、私は楽しめたけれど。
友人ふたりにはハードな歩きをさせてしまって、少々申し訳なかったです。。

今日の教訓。
何事にも下調べは肝要である。

そして締めはコメダ珈琲。ハンバーガー初めて食べたけど、デカイ!
PageTop

ギヤマン展@三次



午後からぶらりと三次へ。
奥田元宋・小由女美術館で開催中の「ギヤマン展 あこがれの輸入ガラスと日本」を観て来ました。

安土桃山~明治時代の様々なガラスは、その実物もたいそう素晴らしかったのですが、それを収めている木箱が一緒に置かれていたりして、それも印象的でした。大事に大事に扱われて来たんだなぁ、というのが良くわかって。

丁寧なつくりのもの、そして、丁寧に扱われて時を過ごして来たものの穏やかさに触れるって、心地が良いものです。

しかし心地が良くなり過ぎて、お客さんもいなくて、危うく立ったまま寝そうになりました(笑)。
いくらなんでも、リラックスしすぎだと思います、わたし。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。