歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Kimono picnic vol.2



本日は夢さがし×放課後キモノ倶楽部のイベント「Kimono picnic」へ。着物好きの従姉が行くとのことで、一緒について行っちゃった(笑)。着物まわりの小物やアクセサリー、そしてもちろん着物や帯、浴衣などもたくさんたくさんありました。
ピアスやネックレスは本当にかわいいものが色々あったんだけど、ちょっと決めかねてしまって、買えなかった~。

そして従姉が以前チャレンジしていたimarieさんのガラス帯留のワークショップ、気になっていたので私も今回参加。面白かった!
けど、どんな色合いにしようかとか、どこまで盛ってどこで止めるかとか、けっこう悩みますね。楽しい悩みなんだけども(笑)。



Beforeはこんな感じ。後日焼成してから届けてくれるそうなので、ここからどんな風に変わるのか、楽しみに待つことにします。

しかし従姉とお出かけしたのも実に20年以上ぶりではなかろうか?(笑)
ゆっくりお茶もできたし、楽しかったー。

スポンサーサイト

PageTop

日本伝統漆芸展



招待券をもらっていたので、そごうで開催中の「日本伝統漆芸展」へ。
美しくて楽しかった!
デパート内なのでそんなにたくさん展示されているわけではないけど、見飽きない疲れない量で、却って良かったです。

広島の金城一国斎さんの作品も展示されていました。彼の作品はモダン過ぎて、私の好みからは外れているのですが、今回展示されている作品は好き。新緑のイメージで、爽やかでした~。

使って愉しむ実用の品ではないけれど、例えば身近にあることで気持ちに張りが出るような、存在感のある作品ばかりでした。

ジャンルは何であれ、美しいものに触れるって大事だなぁ…と、改めて実感。
PageTop

初釜



本日は初釜でした。
去年の初釜は腰痛で着物を着なかったので、もしかして一年振りの和装だったのかも…?なんかもたもたして時間がかかっちゃったのはそのせいかも…?とにかく出るまでが気忙しかった(笑)。

お茶席ではいつも、「待つこと」について思います。
お茶を点てて、いただく。その間、私たちはただ待っている。
「ただ待つ」ということ、今はなかなかないですよね。現代の人々は忙しくて、いつも時間の無駄をなくそう、すき間時間を活用しようとしている。もちろん私もそうです。

でも、待っている間に光が移ろったり、暖かさに花が開いたり、釜の湯が煮える音が聞こえたり、湯気が上がって来る様子を見たり、お香の香りが漂ったりするのを、ただそこで感じることは、全然、無駄なことじゃない。
時折そういう機会が持てることを、幸せなことだと思っています。

帰りは車で駅伝コースを少し通りました。
まだしばらく時間があったけれど、運営スタッフの方や、警察の方や、応援の人々がたくさん待機していて、「こんな雰囲気の中を選手は走るんだなぁ」と思うと、なんだか楽しかった。
いい大会だなと、いつも思います。
来年は沿道で応援したいな。
PageTop

本日のお茶請け

本日、お茶会のお手伝い。
しかしお手伝いに行ったんだか、のんびりしに行ったんだか・・・。
ま、いつもそんな感じですけど(笑)。



休憩中のお茶請けに名古屋・美濃忠の「初鰹」を頂いたのですが。
これ、ういろうです。でも名前の通り、見た目はそのまんま初鰹!(※画像は美濃忠のWEBサイトより拝借しました)

もっちりで大層美味しかったんだけど、基本的に赤身のお魚が苦手な私は、尾道・中屋本舗の「鯨羊羹」の方が、見た目も味も好きかなぁ(笑)。こちらは鯨のおばいけを模した羊羹で道明寺粉を使ったものです。歯触りがとても良い。

しかし、いずれにしろお菓子なんだから、魚感・鯨感をそこまで追求しなくても・・・と思わなくもない、な。
PageTop

利休忌のお茶会



利休忌のお茶会に行って来ました。場所は先生のお宅。
以前の教室はビルの一室だったのでほぼ人工の灯りだったのですが、今の教室兼お住まいは一軒家で自然光が入って、とてもいいなと思います。晴れなら晴れ、曇りなら曇りの、その時々の明るさが感じられるし、釜から立ち上る湯気や、皆さんの着物の陰影が美しくて。ただゆったりとお茶と「時」を愉しむ。贅沢な時間を過ごさせて頂いてるなぁと、いつも思います。
今日は大好きな奥様がたにもお会いできたので、これもまた嬉しく楽しかったです。

本当は着物で行きたかったのですが、お天気と身体が今ひとつすっきりせず、断念。母の嫁入り支度の桜柄の小紋もしばらく袖を通していないので、春のお出かけに着たいなぁー。
さて、どこへ行くかな。
PageTop

母の帯



先週の日曜日はお茶の関係の行事があり、久々にきものを着ました。
・・・で、それを、ようやく今日しまいました。
言い訳じみたことを言うと、しばらくお天気が雨模様だったし、湿気がついたまましまうのもなぁ・・・と敢えて放置だったんだからね!(笑)

この袋帯は母が結婚したとき、披露宴で留袖に合わせて締めたものだそうです(当時は留袖を着たらしい)。もはや半世紀!近い昔のもの。
木曜日のお茶のお稽古のとき、先生が「いい柄だったね」と言って下さって、嬉しかったなぁ。

そろそろ派手かなと思いつつ、でも私も好きな帯なので、もう少し使いたいと先生にお話したら、「四十くらいまではいいんじゃない?」と言われましたが・・・。
先生、それ、わりと目前です。。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。