歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夕暮れの公園



夏至まで約3週間ほどありますが、梅雨入り前の5月(今年はもう入ってるけど)の方が晴れの日が多く、実際には日が長く感じられる、という話を以前聞きました。
なるほどねぇ。

夕焼け雲がきれいで写真が撮りたかったのに、車を停めた時にはもう空が変わっていた。

残念だったけど、代わりにシロツメクサの原っぱがあったから、まぁいいか、と思う。

宮沢賢治の「ポラーノの広場」を思い起こさせる景色ですね。

スポンサーサイト

PageTop

梅雨入り



昨日、梅雨入りしたと聞いた時には「雨降ってないじゃん!」とツッコミせずにはいられませんでしたが(笑)、今日はそれらしいお天気でしたね。
朝夕の通勤時間のことを考えなければ、雨は嫌いではないんだけど。

帰宅したら、フェンス際のミニバラが雨に濡れていました。
この、花びらに溜まった水滴がきれいなんだよなぁ。

晴れも良し、雨もまた良し。
PageTop

高野町へ



しばらくぶりに、高野町へ行って来ました。お山の植物は密やかでかわいいなぁ。なかなか見つけられないんだけど。

この春オープンの道の駅たかの、りんごジェラートがさっぱりしててオススメでーす。

しかしあの高野にこんなにも人がいる・・・!と思うとちょっと感動を覚える(単純に我が家が人のいるエリアに行かないからか?いやいや、違うはず)

PageTop

しゃべれども しゃべれども


しゃべれども しゃべれども Blu-ray スペシャル・エディションしゃべれども しゃべれども Blu-ray スペシャル・エディション
(2012/09/05)
国分太一、香里奈 他

商品詳細を見る


BSプレミアムで「しゃべれども しゃべれども」をやっていて、うきうきと観てしまった。
何度観てもいいなぁ、これは
ちょっと上手くいかない毎日も、なんだか愛おしく思える物語です。

しかし十河・・・ほおずきのお礼、持ち越し過ぎだよ!(笑)
PageTop

ミシュランガイド広島



そう言えば、買っちゃいました。「ミシュランガイド広島 2013 特別版」。

知らないとこばっかりなのだけど、それはそれで面白いな~。
時々行くうどん屋さんの「わだち草」が紹介されていて、ちょっと嬉しい。
PageTop

歯科検診

午後、矯正歯科の定期検診。もう、疲労困憊(笑)。あの蹂躙される感じ、何なんでしょうか・・・。

チラリと診察して下さった先生が、ひとこと。
「頬杖とかうつ伏せ寝とかしてない?ちょっと歪みが出てるよ」

全部お見通しですね、先生。

きれいにするのは、(簡単ではないにしろ)まぁ可能なことだけど、それを維持するのは自己管理と努力によるわけで。
でも、それは私しかできないことなんだよなぁ。
・・・と、今日は少し反省。
PageTop

寄り道



本が読みたくて、帰りに寄り道。家ではなかなか集中して読めないので、がっつり浸りたい時はカフェなどに入ったりします(笑)。

普段シフォンケーキはあまり食べないんだけど(ケーキはタルトとかの重ためのものが好きなので)、今日のは美味しかった。
PageTop

ばらの季節



最近はばらが盛りですね。どこもきれい。
しばらく行ってないけど、平和公園も見頃だろうな。

写真は職場近くに咲いている、薄紫色のばら。
なんか、珍しい気がする。
PageTop

衣替え



月曜日になんですが、ささっと衣替え。
毎年連休の間にするのに、今年はどうもいつまでも寒くてねぇ・・・。昨日今日の暑さでようやく、やる気になりました。

あとはクリーニングに出すものを選別して、ニット類も洗濯しなくちゃ。

それにしても夏が来る度に、麻のシャツが増えていく。
写真の左側は今年購入したTommy Hilfigerのメンズものなんですが(少し大きめだけど、かわいさに負けた)、右側のMUJIの3,980円とは手触りが違うわ~(笑)。

さて、明日はどのシャツにするかな。
PageTop

ご近所ウォーキング



本日は珍しく休日出勤だったのですが、少し早く終わったし余力もあったので、久々にウォーキング。がっつり歩くのは先月の京都以来3週間ぶり。・・・道理で、運動不足な訳だわ。

ご近所ウォーキングも桜の頃にしたきりで、もうすっかり初夏になっていて何もかもが新鮮でしたが、特に、いろんな香りが。こればっかりは車に乗っていたんじゃわからないもんなぁ~。

むせるような緑の匂いや、水撒きしたあとの土の匂い。
夕方の川原を飛び交うつばめちゃんたち。
こんなとこに咲く?って言いたくなるような花々。

走るのもそれはそれでいいけど、やっぱり歩く方が性に合っているなぁ、と思うのでした。
PageTop

実り



しばらくぶりに庭を覗いたら、今年もさくらんぼが!
思わず「わぁ!」って声が出てしまいましたよ(笑)。

昨日の雨で、コデマリとオオデマリは散ってしまいました。
残念だけど、こうやってまた次の花の季節へ。
PageTop

「いちいち」の語感

「いちいち」という言葉を割と使うよね、と今日、指摘されました。

自分自身ではあんまり自覚がなくて、帰宅してから前のブログで探してみたんだけど、言われてみれば、確かにたまに使っている。
でもね、「いちいち美味しい」と「いちいち可愛い」がほとんどなの(笑)。この場合は、こまごましたものに対しての表現というか感想ですよね。

そういう使い方が変わってる、という感じのことを言われたけど、そうなのかなぁー。
一般的に「いちいち」ってあまり良い意味に取られない言葉というのはわかるけど、それも使いようとタイミングによると思うし。

何が引っかかっているのかが掴めないまま、どうもすっきりしないのです。
ああ、せっかくの金曜の夜だというのに!
PageTop

健診結果



健康診断の結果が届きました。Aの羅列の中、燦然と光るC1・・・。

まあでも確かに、昔から胃はちょっと弱いのよね~。
自覚して気を付けろということかな。
PageTop

二郎は鮨の夢を見る

毎月シネツインから「エンドマーク」(上映作品のミニ情報誌)を送ってもらっているのですが。
今朝、5月号を熟読していたら、気になる映画を発見。昼間のみの上映だったので休みのうちに、と今日観て来ました。

「二郎は鮨の夢を見る」(2011年、USA)。
銀座の鮨店・すきやばし二郎の職人・小野二郎さんを追ったドキュメンタリー。・・・と言いながら、実は彼と、彼を取り巻く世界のお話だったのでした。
鮨職人は直接お客さんと接する立場にいるけれど、実際に鮨を握るまでには弟子の職人さんが下ごしらえをきっちりしたり、とびきり美味しいお米をお米屋さんが仕入れてくれたり、築地の魚市場の仲買人さんたちとの日々のやり取りがあったりする。小野さんもそうしたことをよくわかっていて、「僕は(一番目立つところにいて、)一番得しているんです」と笑う。

87歳の鮨職人が、鮨の夢を見て飛び起きる。「この工夫はいけるんじゃないか、って思ったら夢だった」と言う。
ミシュランガイドの採点基準に「いつ行っても同じ味を提供できる」というのがあるそうですが、その技術を支えるのは、「職人は毎日毎日同じことの繰り返し」を厭わない、「鮨が好き」という純粋な気持ちなんだなぁ、と感じました。

同じことの繰り返しだけど、日々違うという実感。何とも、清々しいドキュメントでした。

でも実は私、握りは苦手なんだけどね~(ついでに言うと、マグロにも全く興味がありません)。
PageTop

FF終了~。

昨日5/4、フラワーフェスティバルのステージ無事終了致しました。
メンバーの皆様、そして応援に来て下さった皆様、そしてそして通りすがりで聴いて下さった皆様、ありがとうございました。

ステージはもちろんいつも楽しいのだけど、楽しさと同量またはそれ以上に反省点も課題もたくさんあり(個人的に)、今回はけっこう、私は、ダメダメでした~。

大人になって音楽と関わって、変化したところもたくさんあるけれど、良くも悪くも「変わらない自分」の根深さも、ものすごく感じる。でもさー、これってたぶん一生このままなんよねー。嫌いじゃないけど、厄介。はぁ。

しかしいつまでも引きずるのも性に合わないので、これくらいにして、また次がんばろーっと。

それにしても今回、FF当日の写真が一枚もないのだ・・・これも反省(笑)。
PageTop

写真展「いぬ」

福屋で開催中の岩合光昭さんの写真展「いぬ」に行って来ました。

岩合さんはちょうど今週、BSプレミアムで「世界ネコ歩き」を放送していました。この番組を見るにつけ「岩合さんてかなりの猫たらしだ・・・」と思っていたのですが、写真展を見ると、犬たらしの実力もいかんなく発揮されておられますね(笑)。

我が家にもある写真集「ニッポンの犬」からの作品もあり、大きなパネルで見るとまた違った迫力が!愛くるしさが!
会場内のお客さんがみんな、笑顔で楽しそうに見ていたのも、なんか良かったな。



写真はグッズコーナーにあったしおりセット。
これは・・・素通りできんじゃろ!(笑)

全くもって、楽しい催しでした。
PageTop

昨日の「にっぽん紀行」

 昨夜の「にっぽん紀行」は、高知県の漁師のおじいちゃんと犬が主人公でした。

 漁師さんは「毛ばり漁」という、疑似餌を付けた針を仕掛ける漁法をするんだけど、年齢と共になかなか魚がかからなくなった、とこぼす。キンメダイ10尾くらい獲らないと元が取れないのに、全然かからなかったり、安いサバばかりたくさんかかったりする。そんなおじいちゃんを、犬のジョンはいつも一緒に船に乗って見つめている。その姿が、とても賢くてかわいいの。

 番組の最後におじいちゃんは、運と工夫の結果により40尾以上ものキンメダイを獲ることができるんだけど、もうね、真っ赤なおさかなが連なって船に引き揚げられるシーンは、家族みんなで「うわあ!」って声が出ましたよ(笑)。すごかった~。

 私の生活とは何の関わりもない方たちばかりが取り上げられる番組なんだけど、見ているといつも、なんとなくいい気持ちで幸せになる。好きだなぁ。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。