歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2013年Best10<読書編>

 続きまして、読書編。
 今年は例年に比べて本当に読めなかった・・・。

1)ウィリアム・モリス クラシカルで美しいパターンとデザイン(海野弘、パイインターナショナル)

 デザイン書が1位っていかがなものかと思いますが、とても作りがきれいで、見ていて時を忘れてしまう一冊。

2)西行花伝(辻邦生、新潮文庫)
 10年以上気になっていた本を、ようやく今年読みました。遅っ(笑)。とても時間がかかったし、理解しきれていない部分もありますが、それでも読むことで今の自分を知ることができるなぁ、と思った本。

3)冬虫夏草(梨木香歩、新潮社)
 待ちに待った「家守綺譚」の続編。『旅』がモチーフとなっている点では「西行花伝」と近いけど、まぁ中身は全然違います(笑)。ただ、歩く旅が当たり前だった時代のことを思うと、現代の旅って便利だけど味気ないところもあるなと考えたり。

4)ナガサレール イエタテール(ニコ・ニコルソン、太田出版)
 震災が起き、津波で流された実家の再建を目指すニコ家の女三代の実録マンガ。と、一言でまとめるとこうですが、スゴイですよ。もう拝みたいっていうかひれ伏したいっていうか・・・でも相当笑えます(笑)。

5)ぼおるぺん古事記 全三巻(こうの史代、平凡社)
 今年は古事記編纂1300年。子供向けとか訳文とか「図解でわかる!」的なのとか、いろいろ読んでるんですが(笑)、これは大変面白かった!こうのさんのペンにかかると、神様たちなんておおらかで自由なんだろう、と思う。

6)驚きの介護民俗学(六車由美、医学書院)
 現在80~90歳代の方々の生まれは、大正~昭和初期に当たります。社会全体が豊かではなく、都会と田舎の差がはっきりしていた時代、ひとの暮らしぶりも様々。そういったことを語られたって、直接私たちの役には立たないかもしれない。でも、名もない人たちの地道な営みが、自分のところまで連綿と続いているということに、どうしても惹きつけられてしまうのです。

7)恋文の技術(森見登美彦、ポプラ文庫)
 書簡体小説って好きなんですけどね。かなりアホです。爆笑です。しかし最後、やるな!って感じです(笑)。

8)近代能楽集(三島由紀夫、新潮文庫)
 戯曲集のため、ト書き以外は全て会話のみ。なので、言葉の美しさが際立ちます。 

9)カデナ(池澤夏樹、新潮文庫)
 池澤さんて普段とてもクールな印象なのだけど、作品はすごいんだよなぁ・・・。何というか、沼みたいな力を持っていて、図らずも引き込まれてしまう。

10)修道院のお菓子と手仕事(柊こずえ・早川茉莉、大和書房)
 かわいいだけの本かと思ったら、すごく良くてびっくりしました(笑)。自らの「仕事」に真摯に向き合う人に触れると、背筋が伸びるような気持ち。

<特別賞>絵本作家のアトリエ2(「母の友」編集部、福音館書店)
 昨年ランキングに入った本やシリーズは通常外すのですが、やっぱり良いので!

 来年はもう少しゆっくり読む時間が取れると良いのですが。
 しかし、つくづく私、新潮文庫好きだな・・・(笑)。

 そして御礼。
 今年も楽しく元気に良い一年を過ごすことができました。ありがとうございました。
 もうすぐやって来る来年も、皆様にとって素敵な日々になりますように!

スポンサーサイト

PageTop

2013年Best5<映画編>

 恒例の2013年の読書・映画ランキング、まずは映画編から。
 今年は思ったより観ていなくて、残念ながらベスト5です(笑)。では、いきまーす。

1)オズ はじまりの戦い(2012年、USA)
 毎年、劇場に2回観に行った作品が1位になることが多いです。今年はこれ!「オズの魔法使い」の、始まる前の物語。とっても楽しかったし、映像も良かった。ディズニーらしい物語だと思います。

2)レ・ミゼラブル(2012年、UK)
 相当しんどかったので、一度観たらお腹いっぱい、って感じです・・・が、素晴らしかった!
 キャストについて言えば、マリウス以外は好き(笑)。

3)二郎は鮨の夢を見る(2011年、USA)
 銀座「すきやばし次郎」の店主・小野二郎さんを巡るドキュメンタリー。職人さんの仕事って、流れがあって美しいと思います。その流れをつくるもの、自らの芯となるもの、そしてその周囲の人々。見応えありました!

4)風立ちぬ(2013年、日本)
 最初の飛行シーン(二郎少年の夢の中ですが)がとても好き。日本の田舎は美しいなぁ、と思うのです。
 ところで黒川さん(二郎さんの上司)、朝ドラ「ごちそうさん」の大村さん(悠太郎さんの先輩)と似てません?どうも印象がかぶるんだよなぁ(笑)。

5)タイピスト!(2012年、フランス)
 古き良き時代のハリウッド映画のような、上品でかわいい作品。タイプライター早打ち世界大会、ってのが笑っちゃいますが、観ているとこちらまでつられて力が入っちゃいました・・・そして手が痛くなりそうでした(笑)。

5)ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年、USA)
 映像の美しさ、物語の一筋縄では行かない感じ。「わかりやすい」とは言い難い物語ですが、時々ふとワンシーンが思い出されたりするのです。

 決めきれず、5位は2本になりました。
 映画は映画館で観てこそのもの、と思っているので、来年はもうちょっと劇場に足を運びたいと思います。
 では、続いて読書編へまいります。

 が、その前にケーキ食べて来ようっと(笑)。
PageTop

サンキャッチャー



秋頃に小さめのサンキャッチャーをひとつ買い、部屋に飾っています。

が、私の部屋は北向きで光があまり入らない上、通常陽が当たる時間帯には既に出かけていていないという、あまり意味のない感じに・・・。

今朝8時頃、ちょうどよく日光が当たっていて、キラキラしているのを発見!
でも本当は、クリスタルのカットに光が反射して、壁にプリズムが映るはずなんですが・・・ここの窓がすりガラスだからでしょうか、プリズム現れず。。

やっぱり、吊るす場所を間違えているかも(笑)。
PageTop

劇団四季「SONG & DANCE 60 感謝の花束」

昨日夜は劇団四季「SONG & DANCE 60 感謝の花束」広島公演へ。四季が手掛けているミュージカルの曲を集めて再編成した、創立60周年の記念公演です。前回55周年の時も行ったよなぁ・・・5年って早い(笑)。

この舞台、私は歌よりダンスの方が見応えがあって好きです。人間の身体能力ってすごい、と素直に思える。あれだけのパフォーマンスを支えるためには、才能もだけど、やっぱり努力がすごいんだろうなぁ。そういった意味でも、人間の可能性とか、前へ向かう気持ちの強さを感じられて、勇気が出ます。

それにしてもダンサーの皆さんのしなやかでかっこいいこと!
隣の席に座っていたMちゃんとふたり、「やっぱり鍛えないとダメだね・・・」と言い合ったので、来年の目標のひとつは「体幹を鍛える」になるはずです(笑)。
PageTop

歌い納め



昨日、無事アルパークでのステージを終えました。いやー、なんか楽しかったなぁ。

今年は個人的に新曲が少なかったので、「覚えること」に労力を費やさずに済んだことは、かなり助かりました。
「きちんと覚えて歌えること」は人前に立つ以上は最低限のことで、そこからどうやって、何を付加していくか。曲の情景を見つめること、なりたいイメージを持って練習すること。そして全体を見て・聴いてバランスを考えること。

なかなかできないことばかりだけど、来年以降も考えて、実践して行きたいなぁと思います。

ひとまず、2013年も一緒に歌ってくれた皆さま。応援して下さった皆さまには、たくさんの感謝を。
どうもありがとう!

余談ですが、アルパークのクリスマスツリーは、アルパカ&カープのコラボツリーという、何だかよくわからないことになっておりました。。
かわいいけど、だんだんクリスマスからはかけ離れて行っているような(笑)。
PageTop

Seasons Of Love

木曜日。お茶のお稽古の帰り道は、ラジオで「かれんスタイル」を聞くのが楽しみです。霧島かれんさんと、松浦弥太郎さんの番組。
今日は松浦さんが、一年の記録についてお話されていました。嬉しい出会いの回数とか、観た映画とか、読んだ本とか。

それを聞きながら、私は「Seasons Of Love」という曲を思い出していました。というのも、『あなたは一年を何で数えますか』という、そのまんまの歌詞があるんです。
『日の出や日没、飲んだコーヒー、笑い、諍い、旅の計画、流した涙・・・色々なものがあるけど、愛で一年を測るのはどうだろう?』という、ブロードウェイミュージカル「RENT」の曲。
今年の春、たまたまステージでこの曲を歌うことになり、そしてクリスマスまでの約一年を一緒に過ごして来ました。
「RENT」は実のところそう好きな物語ではないのですが(笑)、この歌はなんだか付き合いが深まるほどに良いなぁと思えるようになって。愛着が湧く、というの?最近は、私は何があるだろうと思いながら歌っているのです。

この歌も土曜日が、しばらくの歌い納めになるかなぁ。
大事に噛み締めて歌いたいですね。
PageTop

ステージのお知らせ。



お知らせ。
ゴスペルコーラスグループ・B-Tealsのクリスマスのステージを、アルパークにて12/21(土)に行います。

日時:12月21日(土)14時20分~(30分)
場所:アルパーク東棟2F・時計の広場

お近くの方、良かったら見に来て下さい♪

今年はこれが歌い納めなので、悔いのないように、すっきり楽しく歌いたいと思っています(笑)。
PageTop

写真展



土曜日、知人Sさんの所属する写真グループ「Torun」の「日々を紡ぐ、カレンダー展」に立ち寄りました。

私は写真は好きだけど、気ままに撮りたい方なので、わざわざ習おうとは思わないんですが。
いろんな方の作品を見せてもらうと、それぞれの視点、それぞれの好きなもの、が伺えてたのしいですね。
これもまた勉強になるんだろうな。

私の好きなものは、空とか植物だなぁ、やっぱり。
え、食べもの?これは、食べるのが好きなのです!(笑)
PageTop

マルク・シャガール展

そして先週の日曜日は、県立美術館で開催中の「マルク・シャガール展」にも行ったのでした。
わたし、彼をもっと昔のひとだと思っていたけれど、亡くなったのが1980年代でしたね。ピカソと一緒の写真があったりして。舞台芸術やステンドグラスを手がけたり、実は総合芸術家だったんだな!大作もたくさんありましたが、個人的にはバレエ衣装のデザイン画やタイル絵など、小さな作品が楽しかったです。

先月くらいに中国新聞に載っていた記事で、彼がユダヤ人であり、作品の中にいつも描かれているロバやヴァイオリンや恋人たちのモチーフも、そのルーツに繋がるものだと知りました。
「好きだから描く」というのも勿論あるのでしょうが、そういったことを知ると、描くことで「刻みつけている」という側面もあったのかなぁ、と思います。

あの記事、もう一度読みたいから探さなくちゃ(笑)。
PageTop

母の帯



先週の日曜日はお茶の関係の行事があり、久々にきものを着ました。
・・・で、それを、ようやく今日しまいました。
言い訳じみたことを言うと、しばらくお天気が雨模様だったし、湿気がついたまましまうのもなぁ・・・と敢えて放置だったんだからね!(笑)

この袋帯は母が結婚したとき、披露宴で留袖に合わせて締めたものだそうです(当時は留袖を着たらしい)。もはや半世紀!近い昔のもの。
木曜日のお茶のお稽古のとき、先生が「いい柄だったね」と言って下さって、嬉しかったなぁ。

そろそろ派手かなと思いつつ、でも私も好きな帯なので、もう少し使いたいと先生にお話したら、「四十くらいまではいいんじゃない?」と言われましたが・・・。
先生、それ、わりと目前です。。
PageTop

湿気は大敵

今の職場で働き始める頃に買った、黒い革のバッグがあるのですが。
滅多に出さなくてしまい込んでいたのを、やっぱり使わないと馴染んで来ないよなぁと反省して、この秋から持ち歩いていたんです。たっぷり入る割に持ちやすいし、いい感じだと思っていましたら・・・今日気付いた。合皮素材の内布が劣化して剥がれているではないか~!
道理で手帳とか財布に最近、謎の白い物質が付いていると思ってたんだよねぇ。納得(←早く気付けよ)。
ネットで調べてみると、大事にしまい込み過ぎて、湿気が原因で起きる現象のようです。

こういうのは修理できるのか?と帰り道に靴・鞄の修理のお店で訪ねてみると、こんなお答えを頂きました。
「一旦分解して、内側の張替えになるので・・・だいたい2万円くらいからでしょうか」

にまんえん。
このバッグそんなにしてないよ!(笑)
わたし、新しいのを買うべきでしょうか・・・?
PageTop

アメリ


アメリ [Blu-ray]アメリ [Blu-ray]
(2010/08/25)
ジャメル・ドゥブーズ、マチュー・カソヴィッツ 他

商品詳細を見る

午後から休暇。ひとり読書部および、ひとり映画部(笑)。
地味じゃわ・・・と思いつつ、なかなかに至福なのでありました。

映画は、シネツイン新天地で上映中の「アメリ」(2001年、フランス)を。
ついこの間BSで放映していましたけど、やはり映画館で観るのがいいなぁ。
かわいいけど、実は孤独な人がたくさん出てくる物語だな、と思いました。
PageTop

朝の風景



今朝、信号待ちのときにふと上を見上げたら、鳥の群れが上空を旋回していました。大群で、静かに。あれって、何なんでしょうね。

鳩の群れが同じように飛んでいるのは自宅付近でも見るのだけど、大きな鳥だったので(種類判別できず)、妙な迫力がありました。
思わず「おお~」と、声が出た(笑)。

そして昨夜から唇付近がムズムズする、と思っていたら、案の定、下唇右側にヘルペスが出ました・・・。
しかも、今日仕事を終えて鏡を見たら、上唇の左側にも出現しているではないか。身体の片側にしかできないんじゃないのか?

でもこれ、免疫力が落ちている、というサインなんですよね。
今日は早めに休もうっと。
PageTop

休日のアイロン

Dialogue -Miki Imai Sings Yuming Classics-Dialogue -Miki Imai Sings Yuming Classics-
(2013/10/09)
今井美樹

商品詳細を見る


休日のお仕事、アイロンかけ。
嫌いではないけど面倒なので(笑)、テンションを上げるべく音楽やネットラジオを聴きながらやることが多いです。

本日の音楽はこれ。日曜日の午後に相応しい、あたたかな気持ちになる一枚。
今井美樹の歌声って、砂糖菓子のようだなと思います。繊細で、甘い。ずっと変わらない。

そして、ユーミンのすごさも改めて感じられるのでした。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。