歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

威風堂々クラシック in Hiroshima





本日は、広島の街を音楽でいっぱいにしよう、という指揮者大植英次さんプロデュースのイベント「威風堂々クラシック in Hiroshima 2014」へ。
昨日今日の二日間、全部で11会場で様々な曲が演奏されたのですが、私が行ったのは平和記念資料館本館下と県立美術館ロビーの二か所のみ。でも堪能しましたー。

平和公園での秋津智承さんのバッハの無伴奏チェロ組曲は、世界に彼とチェロしか存在しないような存在感だったし、学生さんたちによるコープランドもとても良かった。彼らへの大植さんのメッセージが心に残りました。
「日本の吹奏楽ではコンクールがとても重要視されていて、コンクールで金賞を取ると燃え尽きてしまって音楽をやめる子が多い。だけどやめないで、続けてほしい」
ここでも、「長く続けることで見えてくる素晴らしいもの」について、教えてもらったなぁ。

そして県立美術館では、ヴィヴァルディの四季。
1階がもう人でいっぱいだったので2階の渡り廊下から聴きましたが、全体が見渡せて面白かった!チェンバロもあまり聴く機会がないので、珍しく嬉しかったし、演奏もエネルギッシュで素晴らしかった~。日本人は四季好きだと言われますが、「ええもう好きですけど、なにか?」という気持ちになりました(笑)。だってやっぱりいい曲だもん。オーケストラもいいけど、室内楽をもっと聴きたいなぁ、と思いましたねー。

あいにくの雨模様で、演奏される皆さんは大変だったでしょうけど、大植さんの人柄も感じられる、あたたかい楽しいイベントでした。
来年もあったら行きたいなぁ。

スポンサーサイト

PageTop

石井高さんお話会



先週の金曜日、Sammyさんにお誘い頂いて、イタリア・クレモナ在住のヴァイオリン職人、マエストロ石井高さんのお話会へ行って来ました。

石井さんはとても魅力的な方で、素敵なお話をたくさん聞かせて頂いて、全部書きたいのは山々なんだけど!(笑)全体として「時間や手間を『当たり前のこと』として愉しむ」という姿勢が印象的でした。
「時短」や「効率」が重要視される時代に、それだけではない価値観に触れることは、立ち止まって振り返るための小さなきっかけになる。石井さんのような豊かな「時間」を生きている方がおられるということに、安心というか、何だかほっとする気持ちでした。

実際には、なかなかそのようには暮らせないんだけど。時短を目指してしまうんだけど(笑)。

いろんな経験や出会いやつながりがあって、「今ここに自分がある」ということの有難さ、嬉しさ。
お話を聞きながら、先日読了した本に「人間の器を形づくるものは、一朝一夕にはつくることができない」という一文があったことも思い出されて、なるほどなぁと思ったのでした。

本当に、行けて良かったなぁ。
Sammyさん、ありがとうございました!
PageTop

狩ったもの



昨日帝釈峡で狩ったもみじを、本棚の上に。
小鳥が2羽、寄って来て見ています。

この小鳥ちゃん、姫路の郷土玩具資料館で買ったんだけど、なぜか南米出身。
こういう子たちはひとつひとつ顔が違うので、あるのを全部並べて選んだという、思い出付きです(笑)。
PageTop

呉まで







本日は呉信愛教会のバザー会場で歌わせて頂きました。礼拝堂がとてもかわいらしくて素敵だった~。写真を撮らせて頂こうかと思っていたのに、ステージ後のカレーに気を取られてすっかり忘れていましたよ!ああー。

呉までは、臨時快速の瀬戸内マリンビューに乗って行きました。外観もレトロだけど、内装も落ち着いた感じで、楽しかった。
わたくし、やや乗り鉄気味なので、乗れて嬉しかったです(笑)。
ただ、広島~呉間はノンストップだけど、どのみち単線なので待ち合わせがけっこう長い。到着時間は、たぶんほとんど変わらないのかも・・・。
まぁ、待っている間に景色を楽しんだりできるので、それはそれでのんびりしていて良いかなと思います。

あっ、歌じゃなくてすっかり電車の話に・・・スミマセン。。
PageTop

帝釈峡まで。







今日は、小学校の頃に訪れて以来の帝釈峡へ。
盛りはもう過ぎていましたが、鮮やかな赤が印象的でした。

しかし神龍湖側の駐車場に車を停めてしまったので、雄橋までの道のりがまぁ軽く山登りでした。ぜいぜい言っちゃったよ。
しかも上帝釈から神龍湖まで戻るのに当てにしていたシャトルバスが、なんと今年の運行が先週末で終わりという・・・。もはや同じ道のりは戻れない(正しくは「戻りたくない」)ので、大人3人はタクシーに乗りましたとも!(笑)

秋のお山は大好きなので、葉っぱをかさかさ踏みながら、森の香りを吸い込みながら歩くのは、私は楽しめたけれど。
友人ふたりにはハードな歩きをさせてしまって、少々申し訳なかったです。。

今日の教訓。
何事にも下調べは肝要である。

そして締めはコメダ珈琲。ハンバーガー初めて食べたけど、デカイ!
PageTop

さらに音楽の勉強



有難くもチケットを頂いたので、水曜日は広響の定期演奏会へ。
演目はブラームスのピアノ協奏曲第二番と交響曲第二番。ブラームスの二番(両方とも)ってあまり演奏されなくて、珍しいんだそうです。今回はY子先生がご一緒してくれたので、色々教えてもらえて楽しかった!

ピアノ協奏曲の方はポイントはちゃんと聴いてたんですが、全体的にかなり気持ち良くおやすみさせて頂いたので(笑)、感想とか述べられないなぁー・・・。
ソリストの河村尚子さんのアンコールはやはりブラームスの間奏曲。こちらも協奏曲とはまた雰囲気が違っていて柔らかで、とても素敵でした。

そして交響曲第二番。第一番は有名だし、重みあるなぁという印象ですが、こちらはそれに比べて肩の力が程よく抜けた、のどかで心地良い雰囲気でした。なんだか、映画音楽のようだったかも。時々、「あー今ヒロインが汽車に乗って遠くにいる恋人を訪ねて行ってそう」とか、「舞踏会みたいなところでたくさんの人が会話している感じ」とか、ふと情景が浮かぶフレーズの箇所があったりして、そういう連想が働くのも楽しかった。

そして最終楽章ラストのたたみかけるような演奏でのみなさんの頑張り(学芸会のような表現で申し訳ない・・・)、殊に指揮の秋山和慶さんには胸を打たれてしまいました。何度も見ているのに、なぜだろう?
秋山さんは1941年生まれで父と同世代の方だけど、未だにこれだけ情熱を傾けて取り組んでおられるものがある、ということに素直に感動したのかもしれません。
先日から引き続いている「頑張ることの良さ」を、ここでも感じることができました。

Y子先生ともゆっくりお話できて、よい夜でした。ありがとうございました!
PageTop

シンクロ?



久々にバッハが聴きたいなぁ…となんとなく思っていたら、こんなイベントがあるのですね。なんとタイムリーな。
これは、街を駆け回るべきなのか?(笑)

ベタですが、ヴィヴァルディの四季も良い。
つまるところ、バロック音楽が好きなんですね~。
PageTop

引き続き、音楽の勉強



わたくし、ここ最近、教会訪問ばかりしています(笑)。ふつーに仏教徒なんですが。

今日は午後から三滝グリーンチャペルへ。仙台を拠点に活動するジャマイカ出身のゴスペルシンガー、ジョン・ルーカスさんのゴスペルコンサートを聴きに行って来ました。とても温かい、素敵なコンサートだったなぁ。

彼は3年前の大震災で自身も被災し、そのことについても語ってくれましたが、その中で「辛い経験だったし、時計を巻き戻せるならなかったことにしたい出来事だが、たくさんの祝福も得た」という言葉が印象に残りました。
祝福とはきっと、ひととの繋がりだったり、温かさや優しさ、そういったものでしょうか。
もちろん未だに苦しんでいる方はたくさんおられると思うけれど、ジョンさんのようにひとつ乗り越えたひとの言葉には力がある。今回は広島の土砂災害の支援のためのチャリティーでしたので、そういった意味でも彼の言葉には勇気付けられるなぁと思いました。

まぁそんな小難しいこと抜きにしても、とても楽しかったし、元気をもらえました。
お客さんたちがみんな笑顔で帰途に着くって、いいよね。
そういうのを目指して行きたいな、と思います。
PageTop

音楽の勉強



本日は練習日ですが、私はお休みさせて頂いて、音楽の勉強(笑)。
日本福音ルーテル広島教会でのCUGジャズオーケストラ25周年記念ライブ・広島公演へ行って来ました。教会でビッグバンドという、なんとも贅沢な空間。
演奏もすごーく良かったし、ゲストボーカルの川本睦子さん、マヤ・ハッチさんの声が本当に素晴らしかったです。もっと聴きたかった!

今年幾つか行ったジャズライブは、長く長く音楽を続けて来られた方のものが、期せずして多いのだけど。
皆さんに共通して感じることは「自在であるため」に続ける努力ってなんて格好良いんだろう、ってこと。それがああいう形で実るなら、努力すること・頑張ることは、素晴らしいしすごいことだなぁ、と。

勇気づけられ背中を押され、私ももっと頑張りたい、と何度目かの(笑)決意をするのでした。

何回決意すりゃいいんだ、って話ですがね。。
PageTop

fulare_padライブ



三連休の最終日は、舟入のHumming Bird Cafeへ。fulare_padのライブ&ウクレレワークショップに参加して来ました。
お客さんに楽しんでもらいたい、って気持ちがまっすぐ伝わって来る、本当にいいライブでした。ワークショップもわかりやすくて楽しかった。
気忙しいのもあって、最近ウクレレに触れていなかったのだけど、やっぱり良いなぁ、と幾度目かの再認識(笑)。

今日はCDをお買い上げしたので、帰りの車で聴いていたんだけども。
間近であんなに素敵な演奏を見てしまったら、CDでは物足りないよ~!
フラリーさんはライブをすごくすごくオススメします。

そして今回もらったポイントカード(笑)。
最前列だったので清水さんの足元になんか置いてあるなぁ・・・と気になっていたのですが、まさかのポイントカード。ライブ1回につき、スタンプ1個!
面白いこと考える方たちだなぁ・・・。
PageTop

ギヤマン展@三次



午後からぶらりと三次へ。
奥田元宋・小由女美術館で開催中の「ギヤマン展 あこがれの輸入ガラスと日本」を観て来ました。

安土桃山~明治時代の様々なガラスは、その実物もたいそう素晴らしかったのですが、それを収めている木箱が一緒に置かれていたりして、それも印象的でした。大事に大事に扱われて来たんだなぁ、というのが良くわかって。

丁寧なつくりのもの、そして、丁寧に扱われて時を過ごして来たものの穏やかさに触れるって、心地が良いものです。

しかし心地が良くなり過ぎて、お客さんもいなくて、危うく立ったまま寝そうになりました(笑)。
いくらなんでも、リラックスしすぎだと思います、わたし。
PageTop

幸せな顔つき



昨日は日帰り社員旅行で宮島まで。
いや、宮島はほんのちょっとの滞在だったので、正しくは「石亭まで」でしょうか。

憧れの石亭、良かった・・・!
ごはんも美味しかったけど、器がどれも素敵で、眼福。
私は黒米寿司が特に美味しかったなぁー。

ちょうど昼間にTVで石亭を紹介していたそうで、夕方練習に行ったら何人かに羨ましがられました。
ふふん!(鼻息)

そして街に戻って、久々の友人にも会ったりもして。
そういう楽しい気持ちはやはり顔に出るのか、練習のときには「幸せそうな顔してるねー」と指摘された(笑)。

はい、そのとおりですが、なにか?
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。