歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014年Best10<読書編>

さてさて、読書編。
いろいろ取り混ぜて年間100冊、というのが毎年の目標なのですが、今年は107冊。久々に達成した!
だけど小説があまり読めなかったのが不満。

1)香水 ある人殺しの物語(パトリック・ジュースキント、文春文庫)

2)日の名残り(カズオ・イシグロ、ハヤカワepi文庫)

3)海うそ(梨木香歩、岩波書店)
 
 3位まではすべて小説。どれも全く違うものですが、引き込まれるような力があり、何より文章が美しくて読んでいて幸せでした。
 悩んだ末、物語の衝撃度で、「香水」が1位。

4)能率手帳の流儀(野口晴巳、日本能率協会マネジメントセンター)
 手帳術に関する本を昨年あたりから少しずつ読んでいます。この本は著者の野口さんの人柄が感じられて、なんかイイです(笑)。

5)光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島(朽木祥、講談社)
 ヒロシマにまつわる本も、少しずつ。長年住んでいながら何も知らないのです。
 朽木さんらしい、やさしい語り口の物語ですが、心が痛い。

6)鉱物アソビ(フジイキョウコ、スペースシャワーネットワーク)
 同じ著者の「鉱物見タテ図鑑」と合わせて、たいへん綺麗でかわいい鉱石の本。この本を読んだ後、手帳のやりたいことリストに「ミネラルショーに行きたい」が加わったのは言うまでもありません。

7)いっしょにいるだけで(森下典子、飛鳥新社)
 ハードカバーで読みましたが、今年新潮文庫で文庫化されました。もうねえ、読んでいるだけで猫にメロメロになります(笑)。森下さんの本は、ほんとうに良い。

8)かごめかごめ(池辺葵、秋田書店)
 全編フルカラーの美しさ。このひと、絵柄はうまいわけじゃないんだけど、空気感とかバランスがすごいと思う。

9)光の祈り(藤城清治、白泉社)
 お名前は知らなくても、このひとの作品を見れば「ああ!」と思うはず。御年90歳にして、まだまだ現役の影絵作家。
 いつか那須の美術館に行って、実際の作品を見たい! 

10)スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました(わたなべぽん、メディアファクトリー)
 とっても楽しいし、ためになるコミックエッセイ。「美人とは何か?」と考えるところから、意識改革は始まっているわけですね。目指すところをしっかりイメージして、強く願うこと。ひとの意志の力ってすごい、と思わせてくれる本でもあります。

 何かと時間に追われて、じっくり本と向き合うことがしづらかった2014年でしたが、来年はもう少しゆったり過ごしたいなぁ。

 本年もたくさんの方に大変お世話になりました。ありがとうございました。
 来る2015年が心穏やかな素晴らしい年となりますように。
 また来年も、よろしくお願いいたします。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

2014年Best5<映画編>

今年もあと数時間となりました。
今日はちょっとだけ買い出しに出かけましたが、そのあとはのんびりです。

さて、恒例の2014年読書・映画ランキング、まずは映画編から。
今年も本数が少ないので、残念ながら5位までです。

1)世界の果ての通学路(2012年、フランス)
 ひろーい地球上には、何時間もかけて学校へ通う子どもたちがいる。という、知識として知っていることを、実際に見せてくれる、すごいドキュメンタリー映画です。
 子どもたちの頑張りや、長い途上にあるちいさな楽しみなど、映像の全てが愛おしい。大好きです。

2)マダム・イン・ニューヨーク(2012年、インド)
 当初観る予定ではなかったのですが、友人の強力なおすすめに従って行ってみたところ、もーすごい楽しかった!
 マダムの美しさも圧巻、の元気になれる物語です。

3)バックコーラスの歌姫たち(2013年、USA)
 こちらも昨年末に友人から教えてもらったドキュメンタリー。
 機械化で人力が必要な場がだんだん少なくなっている昨今、音楽の世界でもそれは言えることで。「バックコーラス」もすたれていくものなのかもしれませんが、人だからこそできることや、「自分たちが音楽を支えてきた」という誇りが感じられて、かっこいい女性たちの映画でした。

4)ミセス・マロリーと魔法のスパイス(2014年、USA)
 フランスの田舎町にインド人の家族が流れ着き、ミセス・マロリーのフランス料理店の向かいにレストランを開店するところから始まる、こちらも楽しいお話。主人公の男の子がだんだん山田孝之に見えてくる、という不思議付き(笑)。

5)チョコレートドーナツ(2012年、USA)
 メディアでもずいぶんと話題に上り、ミニシアター系の映画としては異例のヒットとなったようです。
 「アメリカの普通の人々の善良さと傲慢さが描かれた映画」と感想を書いていますが、やはり時間が経ってもそうだと思う。

 今年はほとんど、サロンシネマ系列でしか映画を観なかったなー。
 来年はもう少しフットワークを軽くして、いろいろ観たいと思います。

 続いて、読書編に行きます―。
PageTop

2014年の歌い納め



本日、2014年の歌い納め・アルパークでのステージが無事に終了しました。
図らずもたくさんの友人知人が来て下さって、嬉しく楽しいひとときとなりました。ありがとうございました!

なんだか今回、ソロがみんな本番がいちばん良くって。練習のときからずっと一緒に歩いて来たぶん、それぞれの頑張りがわかって、本当にしみじみ感動しました。コーラスも良かった!と言って頂けたし。
いつも一進一退という状態ではあるけど、それでも少しずつ、一歩ずつでも進んでいけたらな、と思います。

今年ご一緒してくれた皆さまに、たくさんの感謝を。
そして来年もたくさん、よい歌を歌うことができますように!
PageTop

雪の一日



今日はよく雪が降りました。まさかこんなに一日祟られるとは・・・。
午前中は広島市の海ぎわでも、スノードームのように吹雪きましたよ(笑)。

帰りはだいぶ溶けていると思ったけど、それでも家へ向かえば雪国だし。JRとかバスも遅れがちだし。

明日がまた心配だ・・・ゆううつ。
どうか皆さまも気を付けて、事故や怪我などされませんように。
PageTop

12/20 ステージのお知らせ



〈ゴスペルコーラスグループB-Teals・ステージのお知らせ〉
日時:12/20(土)17:00~17:30
場所:アルパーク東棟2階 時計の広場

今週日曜日のヤマハのチャリティーコンサートに続いてのステージです。これが今年の歌い納め。
楽しい音楽をお届けするべく、練習頑張ってます!
お時間ありましたら、ぜひ。

写真は去年のアルパークのツリー。
今年はまだ見ていないけど、どうなってるんだろう?
PageTop

12/14 チャリティーコンサートのお知らせ



〈ゴスペルチャリティーコンサート〉※東日本大震災・広島市土砂災害支援
日時:12/14(日)15:30開場、16:00開演(1時間程度)
会場:広島復活教会(広島市中区上幟町10-11)

12/14(日)に広島復活教会さんをお借りして、ゴスペル教室のチャリティーコンサートが行われます。
今日の午後リハーサルがあったのですが、大人数でうわーっと歌うのって、なんとまぁ迫力があることか。とっても楽しかったです!
この調子で、当日もよい音楽をお届けできるといいなぁと思います。
我がB-Tealsのメンバーもソロ担当します♪ それぞれに持ち味が出ていて、こちらも楽しみです。

お時間ありましたら、ぜひお越しください。
PageTop

12月



いよいよ12月。
なんだか人は多いし、道路は混んでいるし、そして寒くなるらしいし。

Instagramでは「今日から新しい手帳が使える!」という手帳好きさんたちの投稿をけっこう見ました。
私もそれはとても嬉しいんだけど。

でも、残り少なくなった2014年の手帳と名残を惜しむひと月でもあるんだなぁ、とも思ったりしています。

手帳だけのことではないけれど、ね。

ちなみに、来年は2冊持ちになりそうです。
ますます荷物が増える・・・。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。