歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

映画「アニー」



レイトショーで「アニー」(2014年、USA)を観てきました。今年の1本目。
NYの街の雑踏の音がそのまま音楽のリズムになるオープニングと、あたたかでにぎやかなエンディングがとても良かった!そしてキャメロン・ディアスの口のデカさにびっくりでした(笑)。(←本編の感想はどうした)

「愛情を与えられない」ことはもちろん不幸だけど、「愛情を与えることを知らない」というのも淋しいことだよな、と観ていて感じました。そういう意味では不幸なひとの多く出てくる物語だったな、と。

音楽については、私はオリジナルを観ていないのでよくわからないけど、けっこう映画版で独自のアレンジがされているみたいでした。街の雰囲気にも合っていたし、良かったと思います。

キャメロン・ディアスにはいずれぜひ、「101匹わんちゃん」のクルエラみたいなすげー悪い役をやってほしい、と希望します(笑)。ほんとに。

スポンサーサイト

PageTop

初釜



本日は初釜でした。
去年の初釜は腰痛で着物を着なかったので、もしかして一年振りの和装だったのかも…?なんかもたもたして時間がかかっちゃったのはそのせいかも…?とにかく出るまでが気忙しかった(笑)。

お茶席ではいつも、「待つこと」について思います。
お茶を点てて、いただく。その間、私たちはただ待っている。
「ただ待つ」ということ、今はなかなかないですよね。現代の人々は忙しくて、いつも時間の無駄をなくそう、すき間時間を活用しようとしている。もちろん私もそうです。

でも、待っている間に光が移ろったり、暖かさに花が開いたり、釜の湯が煮える音が聞こえたり、湯気が上がって来る様子を見たり、お香の香りが漂ったりするのを、ただそこで感じることは、全然、無駄なことじゃない。
時折そういう機会が持てることを、幸せなことだと思っています。

帰りは車で駅伝コースを少し通りました。
まだしばらく時間があったけれど、運営スタッフの方や、警察の方や、応援の人々がたくさん待機していて、「こんな雰囲気の中を選手は走るんだなぁ」と思うと、なんだか楽しかった。
いい大会だなと、いつも思います。
来年は沿道で応援したいな。
PageTop

ロンドン版「ショーシャンクの空に」



今日は久々に、ミュージカルでない舞台を。
ロンドン版「ショーシャンクの空に」、濃ゆいメンズがいっぱいでした~。まぁ、刑務所ですからね(笑)。

実は私、映画を観たことがなくて。おまけに原作も未読なので、人生初のショーシャンクだった訳ですが。
文章や映像で補えないぶん、舞台って最も大変なのじゃないかと思うけど、でも約2時間半、観客を飽きさせることのない作品だったと思います。舞台装置も面白かったし。

しかし贔屓目を抜きにしても、最後の國村さんは良かった!
あの場面で、実際にそこにないものを私たちに見せることができる。
力のある俳優さんてすごい、と思いました。

次は映画を観ようと思います(笑)。
PageTop

新年のごあいさつ



気がつけばもう一月も中旬になりました。

遅まきながら、あけましておめでとうございます。
仕事もおけいこごとも楽しみごとも普通どおりに始まり、さらに三か月のヨガレッスンも新しく始まりました。

そして今年のぶらぶらしはじめは、ここ倉敷から。

本年も元気に、フットワーク軽く、行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。