歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年の、最初の一枚



昨夜の「ブラタモリ 京都完全版」を見ていたら、タモリさんのあの徘徊の様を「ブラリング」と呼んでいて、なんと斬新な言葉…!と感銘を受けました(笑)。

なので、私も使うことにする。

今年も桜ブラリング、始まります。

スポンサーサイト

PageTop

ピアノコンサート



午後からは、去年も行ったピアノコンサート@星ビル。まったりしました…。

私はクラシックはあまり聴いて来なかったので、この歳になって色々新鮮な出会いがあるように思います。
今日はショパンを演奏された方が多くて、「いいなぁショパン…」と、目からウロコ。
会場のピアノの音色もあるのでしょうけど、音のつぶつぶがどんどん生まれて、こちらに向かって飛んで来るような感じがすごくしました。とても気持ち良い空間だったなぁ。

同じく来ていた音楽仲間の皆さんと話していて色々勉強になることもあったし。
あぁ、自分の練習嫌いを大反省。。
PageTop

写真教室・暗室編



先々週撮影編に参加したフィルムカメラワークショップ。今日は午前中、暗室編が行われました。

感想を一言で述べると、「おもしろーい!でも忙しーい!」

前回撮ったフィルムの中から5枚を選んでプリントするのだけど(実際は4枚でタイムアウト)、いざ作業に入ったら時間ばかりが気になる(笑)。現像液90秒停止液30秒定着液30秒…と、タイマーとにらめっこしてました。

自分で撮ったものを自分で形にする、というのは不思議な感覚です。
この手間を知ることで、現代の技術がいかに写真を手軽なものにしてしまったか、がよくわかる。
もちろん私もその手軽さを楽しんでいるわけですが、両方を経験してみると、敢えてこの時代にフィルムカメラに魅せられたひとたちの気持ちもわかるなぁ。

ちなみに4枚のうち、いちばん気に入っているのは左下の川の写真です。

声をかけてくれたSさん、改めてありがとう!
PageTop

映画「繕い裁つ人」



映画「繕い裁つ人」(2015年、日本)を観ました。

大体原作を知っている作品は観てガッカリ、の場合が多いのだけど、これは概ね満足。余白の多い原作のまんがの雰囲気を残しつつ、独自の物語になっていたなぁと思います。大丸とかナイーフとか、そのまんま出ていたのも新鮮でした。

あえて2点難癖をつけるなら、藤井さんのキャストは三浦貴大より顔が薄くてもう少し年上の俳優さんが良かったなぁってことと(あれは30過ぎではあるまい)、エンドロールは平井堅じゃなくても良かった(笑)。

でもそれを抜きにしても、神戸の街と中谷美紀の姿勢の美しさ、黒木華ちゃんのツヤピカ感(かわいいわ~)を堪能できたので、良かったな~。
PageTop

梅見



午後、西風梅園まで梅見に行ってきました。

水戸の偕楽園ほど壮大ではありませんが(あそこは広すぎて疲れる)、見て回るにはちょうど良い広さ。
一重、八重、ピンク、白、紅、枝垂れ、老木…などなど、梅にもたくさんの種類があるのですね。

さすがに沼田、まだまだ満開ではなかったけど、私は梅は蕾がいちばん好きなので、かわいい姿をたくさん見ることができて楽しかったです。
見頃は来週末くらいかもしれませんね~。

そしてすぐ近くの尾道浪漫珈琲で、ゆったりカフェオレとカスタードワッフル。
これまた美味しくてしあわせ時間でした。
PageTop

コートの話



昨年、なぜか姫路で一目惚れしてしまい(笑)、連れ帰ったコート。
大好きなのだけど、やはりダウンの暖かさ軽さには勝てず、ここしばらくお休みしておりました。

そろそろダウンもいかがなものか…と、今日久々に袖を通したけど、やっぱり着心地良いわー!
自分にしては奮発した買いものだったのもあり、着るのがもったいない気持ちが働いていましたが、やっぱり好きなもの・嬉しい気持ちになれるものは身に付けないといけませんね。大反省。

まぁ、もう少しでこの子のシーズンは終わりなんだけどね…。

PageTop

写真教室



お出かけ日和の日曜日、Sさんの写真の師匠のフィルムカメラワークショップへ参加して来ました。フィルムカメラ触ったの、十数年ぶりではなかろうか。
八千代の丘美術館で開催中の先生の作品展を鑑賞後、カメラをお借りしてレクチャーを受け、吉田町を移動しながら撮影して来ました。
レクチャーの際、露光なんかも少し教えて頂いたのですが、実際撮っているとそんな余裕はなく(笑)。枚数だけは撮ったけど、ホントにちゃんとなっているのかなー。

再来週に暗室の回があるので、その時の感想が「うわぁー」なのか、「がっくりー」なのか、楽しみなような、心配なような…。

そうそう、私はこれまで自分の利き目が左だと信じて疑いませんでしたが、今日お話をしていて、実は右だったということが判明。
それがわかっただけでも、参加した意義がありました(笑)。

今日は本当に暖かくて、吉田町のお山の姿もなんだか優しくて、春が近いんだなぁ、としみじみしてまった。
往き帰りのドライブも快適で、良い一日でした。

先生を始め、ご一緒してくださった皆さま、ありがとうございました!
PageTop

東北応援!JAZZ LIVE



午後、ルーテル広島教会で行われたチャリティーライブ「東北応援!JAZZ LIVE」へ。
音がきれいに響いて、心地良く素敵なひとときでした。

ヴォーカルの川本睦子さんが素晴らしいのはもちろん、ゲストヴォーカルのコジマサナエさんの歌声もあたたかくパワフルで、おふたりのデュオ、とてもとても良かったです。
コジマさんの歌ったスティーヴィー・ワンダーの「Overjoyed」、元々彼の曲は好きだけど、久々に改めて聴いて、なんて美しいんだろう!と感動しました。

いちばんいちばん最後の歌を「ひとりぼっちじゃないよ」で終えたように、心を寄せることの大切さを教えてくれた、あたたかいイベントだったなぁと思います。
行けて良かった!
PageTop

日本伝統漆芸展



招待券をもらっていたので、そごうで開催中の「日本伝統漆芸展」へ。
美しくて楽しかった!
デパート内なのでそんなにたくさん展示されているわけではないけど、見飽きない疲れない量で、却って良かったです。

広島の金城一国斎さんの作品も展示されていました。彼の作品はモダン過ぎて、私の好みからは外れているのですが、今回展示されている作品は好き。新緑のイメージで、爽やかでした~。

使って愉しむ実用の品ではないけれど、例えば身近にあることで気持ちに張りが出るような、存在感のある作品ばかりでした。

ジャンルは何であれ、美しいものに触れるって大事だなぁ…と、改めて実感。
PageTop

ひなまつり



おひなさまの時期は、母が自作の人形を飾っています。

今年は少なめ、らしい…(笑)。
PageTop

はとほ瑠 heart warming concert



昨日は、音楽仲間のSammyさんの歌と、オカリナとライアーのユニット「はとほ瑠」のコンサートへ。
教会という場所はどこもそれぞれに素敵ですが、今回の広島南部教会も温かみのある、心地の良い場所でした。

プログラムは特別に大好きな「早春賦」から始まり、ダニーボーイ、フルートと通奏低音のためのソナタ第1楽章、彼方の光、サリーガーデン、などなど、素敵な曲ばかりで大変楽しかったです。

以前から唱歌とかスコットランドやアイルランドの民謡は好きなんだけど、もしかして私のやりたい方向性はこちらなのではなかろうか…と最近思っていたり(笑)。
好きなことに対してもっと前向きになりたいな、とも感じた午後でした。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。