歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「高松宮家所蔵 根付と宮中装束」展



午後から呉市立美術館へ。「高松宮家所蔵 根付と宮中装束」展を見て来ました。とっても素晴らしい、ちまちまぶりでした(笑)。

根付とは何か?ということをご説明しますと。
水戸黄門で有名な(笑)印籠は男性が着物の帯に挟んで使うものですが、それが落ちないよう紐の端っこに通して使用したのが根付です。大きさはほぼ子どもの握りこぶしほどで、だんだん素材やデザインに趣向が凝らされ、まぁ気がついたらスゴイことに。江戸っ子の凝り性と熱狂ぶりが伺えます。
ちなみに以前、飛騨高山の印籠美術館で見た印籠たちも相当すごかった(笑)。

会場では江戸~明治頃の古根付と、戦後~今に至るまでの現代根付のコレクションがたーくさん展示されていましたが、個人的には古根付の方が断然楽しかったです。細工も繊細な気がします。「酔いどれ狸」という、瓢箪を抱えて寝ちゃった酔っぱらい狸の根付が、なんとも味があって良かったな。

鑑賞用にルーペの貸出も行われていたのだけど、ちょうど人が多い時間に行ったので、全然残っていなくて。
もし行かれる方がいらしたら、ルーペ持参されることをお勧めします!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。