歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

連休3日目、「美しき日本の風景」展



午後からぶらりと尾道へ。
でも今回行ったのは、市立美術館だけ(笑)。「平木コレクション 美しき日本の風景」展を観てきました。明治~昭和初期の風景版画の展覧会で、川瀬巴水の作品が多く出ていたのです。

川瀬巴水の展覧会は以前にも行ったことがあって、独特の雰囲気があるなぁと感じていたのですが。
今回、他の作家たちの作品も併せて見て、やっぱりすごく好きだと思いました。
何と言ったらいいのかなぁ。全体の構図もいいんだけど、はっと目を惹くポイントが必ずあって、それがあるのとないのとでは、きっと作品の感じが全然違って来ると思う。
3本並んだ木のうち1本の幹だけがちょっと曲がっていたり、雪の残る道を歩く少女のピンク色の服とか、高原の中の農夫の白いシャツとか。そういうものを見つめていると、自分もその画の世界に入れそうな気持ちになる。

とても上質なものを見たな、と思います。
行って良かった!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。