歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014年Best10<読書編>

さてさて、読書編。
いろいろ取り混ぜて年間100冊、というのが毎年の目標なのですが、今年は107冊。久々に達成した!
だけど小説があまり読めなかったのが不満。

1)香水 ある人殺しの物語(パトリック・ジュースキント、文春文庫)

2)日の名残り(カズオ・イシグロ、ハヤカワepi文庫)

3)海うそ(梨木香歩、岩波書店)
 
 3位まではすべて小説。どれも全く違うものですが、引き込まれるような力があり、何より文章が美しくて読んでいて幸せでした。
 悩んだ末、物語の衝撃度で、「香水」が1位。

4)能率手帳の流儀(野口晴巳、日本能率協会マネジメントセンター)
 手帳術に関する本を昨年あたりから少しずつ読んでいます。この本は著者の野口さんの人柄が感じられて、なんかイイです(笑)。

5)光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島(朽木祥、講談社)
 ヒロシマにまつわる本も、少しずつ。長年住んでいながら何も知らないのです。
 朽木さんらしい、やさしい語り口の物語ですが、心が痛い。

6)鉱物アソビ(フジイキョウコ、スペースシャワーネットワーク)
 同じ著者の「鉱物見タテ図鑑」と合わせて、たいへん綺麗でかわいい鉱石の本。この本を読んだ後、手帳のやりたいことリストに「ミネラルショーに行きたい」が加わったのは言うまでもありません。

7)いっしょにいるだけで(森下典子、飛鳥新社)
 ハードカバーで読みましたが、今年新潮文庫で文庫化されました。もうねえ、読んでいるだけで猫にメロメロになります(笑)。森下さんの本は、ほんとうに良い。

8)かごめかごめ(池辺葵、秋田書店)
 全編フルカラーの美しさ。このひと、絵柄はうまいわけじゃないんだけど、空気感とかバランスがすごいと思う。

9)光の祈り(藤城清治、白泉社)
 お名前は知らなくても、このひとの作品を見れば「ああ!」と思うはず。御年90歳にして、まだまだ現役の影絵作家。
 いつか那須の美術館に行って、実際の作品を見たい! 

10)スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました(わたなべぽん、メディアファクトリー)
 とっても楽しいし、ためになるコミックエッセイ。「美人とは何か?」と考えるところから、意識改革は始まっているわけですね。目指すところをしっかりイメージして、強く願うこと。ひとの意志の力ってすごい、と思わせてくれる本でもあります。

 何かと時間に追われて、じっくり本と向き合うことがしづらかった2014年でしたが、来年はもう少しゆったり過ごしたいなぁ。

 本年もたくさんの方に大変お世話になりました。ありがとうございました。
 来る2015年が心穏やかな素晴らしい年となりますように。
 また来年も、よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。