歩く日々、とどまる日々。

のんびりしたり、バタバタしたり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オズ はじまりの戦い

pnote_pic1.jpg

 「オズ はじまりの戦い」(2013年、USA)を観ました。わたし、これ楽しかったなぁ。
 正直なところ主人公のオズが一番頼りなくて(笑)、魔女たちをはじめ、女性って強いな!と思わせる物語でした。特にチャイナガール(陶器の女の子)がほんとうにかわいい。
 映像もとってもきれいでした。私は2Dでも充分迫力があって良かったと思うけど、もう一回3Dで観てもいいかも。

 魔女テオドラは、純粋で激しい気性ゆえに自らを変化させてしまうわけだけど。「悪い魔女」ぶりが強調されればされるほど、彼女の哀しみもまた映し出されるようで、切なかった。思えば、ミュージカル「ウィキッド」でも、緑の魔女エルファバはそういう描かれ方をしていたな、と思います。

 しかしオズにはどうしても一言言わずにはいられない。
 「アンタが諸悪の根源なんだよ、このアホ!」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。